2010年11月29日

本当に強い馬とは

昨日のJCを振り返ってみて、改めて思うのは、本当に強い馬=勝負根性がある馬、と言うことだ。

昨年の東京スポーツ杯。僕は、ローズキングダムが直線でトーセンを差し返して勝ったレースぶりを見て驚愕した。「なんて勝負根性のある馬だ・・・」と。

それ以来、ローズキングダムに注目し、フジテレビ賞、皐月賞で1人気を裏切っても、ダービーでは本命にした。そして、昨日のJCでも本命にし見事に溜飲を下げた。

その強さは、ブエナビスタに妨害されてからもさらに伸びて、ヴィクトワールを差した勝負根性に表れている。並の馬なら馬群に沈んでいるところだ。もし、不利がなければ恐らくブエナに競り勝っていただろう。

僕が常日頃から思っていることに「差し返す馬は強い」という言葉がある。
一旦差されても、諦めずにまた抜きかえそうとする馬はそうそういない。もう、それだけで次走は狙い目となる。そんな馬に天皇賞を買ったエアグルーヴがいた。確かバブルガムフェローと競り合って首差だけ抜けだしたのだ。
また、オグリキャップなどもその典型だ。負けても惨敗しないで、食い下がる。その勝負根性は胸を打った。

現役馬でそれだけの勝負根性を感じさせる馬はローズキングダム以外にいるだろうか?
今のところちょっと思い浮かばない・・・。
今の2歳でディープ産駒が活躍しているが、まだそこまでの馬は出ていないように思われる。

これから新馬が次々登場する際に、そこを注目して見ていきたいと思う。

posted by Shun at 11:44| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

競馬の電子商材

自らの予想理論に基づいて、誰の予想にも左右されることなく、競馬の予想をする私ですが、1度だけ、いわゆる「電子商材」というものを購入したことがあります。

そのタイトルはウィナー○ブレインという内容の商材だったと思いますが、正直言って全く役に立たないどころか、PDFファイルを印刷するときの紙代の分、無駄でした。

その商材は5年連続プラス計上!というのが売りらしいのですが、「5年連続プラス」の根拠や証拠がどこにも出ていません(私などは、このブログ上でしっかりとJRA発行の証明書を掲載しています)。

口だけなら5年でも10年でもプラス計上というのはいくらでも言えるでしょう。

その内容もとにかくヒドイの一言。「G1を勝つ騎手は武豊、安藤勝、横山、岩田・・・・」と一流どころの騎手の名前をあげて、「この中から選んでください」と言わんばかり。その中からどの騎手が勝つかが分からないのであって、何ともふざけた説明です。

誤字脱字も多いし、値段も1万2000円以上とバカ高。はっきり言って、500円の価値もないと思いました。

あまり、他人のことは批判したくはないのですが、この作者が再び電子商材を発売すると聞いていてもたってもいられなくて、書いてしまいました。

聞くところによると、ネット上ではさまざまな悪徳競馬商材が販売されていると聞きます。はっきり言って、予想に絶対はないし、ヒトの予想理論を参考にするのはいいのですが、1万円以上も出すなら、その分、馬券代に回して自分で学んだほうがいいでしょう。

もし、そのウイナー○ブレインの作者がこのブログを見ていたら、「5年連続プラスの証拠を見せてくだい」と言いたいですね。

「はったり」もここまで来ると大問題だと思うのですが・・・・
posted by Shun at 16:11| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

年間騎乗回数の記録

今日のサンケイスポーツに興味深い記事が載っていました。
「メッセージ 現場発」というコラムですが、片岡記者がユニークな視点で記事を書いています。

年間騎乗回数」に焦点を当てています。
今年一番レースに多く騎乗しているのは、なんと幸英明騎手だそうです。

同騎手は今年、武豊騎手が保持していた1万1000回騎乗の史上最短&最年少記録(16年8カ月8日、34歳7カ月25日)をデビューから16年2カ月18日、34歳4カ月11日で更新しました。

今年も18日終了時で、556鞍とトップです。実に1日平均9〜10レースに騎乗しているアイアンジョッキーです。

2009年には968鞍の騎乗というJRA年間最多騎乗回数の記録を達成しました。

これなら年間1000騎乗も近いうちに達成できそうな勢いですね。

でも、公営も含めると内田騎手の騎乗数が気になりますね。

誰か調べていただけませんか〜?猫
posted by Shun at 11:16| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

セレクトセール

北海道苫小牧市で12日、13日の2日間、セレクトセールが開催された。

当歳馬部門での最高価格は昨年のダービー馬、ロジユニヴァースの全弟(父ネオユニヴァース母アコースティクス」で1億1200万円だった。

落札したのは、トーセンでおなじみの島川隆哉氏。2位は父ゼンノロブロイ母フェスタデルドンナの牡馬で1億500万円。ペルーサの山本英俊氏の代理法人が購入した。

これで13年連続で1億円馬が登場したことになる。

トーセンユニヴァース?の走りが今から楽しみだ。

清き一票をお願いします人気ブログランキングへ
posted by Shun at 22:19| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

オグリキャップ永眠

オグリキャップは、3日午後、けい養先の北海道新冠町の牧場で放牧中に脚部を骨折し、搬送先で死亡した。

25歳だった。人間にすると100歳ぐらいだろうか?

オグリキャップは1991年に種牡馬になった。だが、目立った活躍馬を出せずに、2007年に種牡馬を引退した。

その後は、功労馬として静かな余生を送っていた矢先の出来事だった。

7月中旬に「お別れの会」が開催される予定という。


オグリキャップのレースはどれも脳裏に深く焼き付いているが、特に印象に残っているのは、バンブーメモリーをゴール直前で差し切ったマイルCSと、その翌週に連闘で臨んだジャパンC。

届かないと思った位置から鬼脚で内からバンブーをかわしたマイルCSには痺れた。ジャパンCでは、距離が1600mから2400mに延長し、しかも連闘という、決してプラスとは言えない状況を打ち破っての世界レコードの2着だった。
直線でオグリが、抜け出して勝ったホーリックスを追い詰める迫力には本当に感動したものだ。

ラストランの有馬記念では、武豊に導かれ奇跡を起こした。

何といっても、血統が父ダンシングキャップという超マイナーな種馬だったことも、市井の人々の共感を呼んだ。

2010年7月3日を僕は永遠に忘れない・・・






posted by Shun at 10:50| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

JRAが上半期の成績を発表

JRAは13日の競馬が終了後、今年1月〜6月までの上半期の成績を発表した。

それによると、のべ入場人員は前年比94.3%の339万2043人で、売り上げは同95.5%の1兆1742億円とともにダウンした。


上半期の平地G1(フェブラリーSから安田記念までの10戦)はすべてのレースで前年度を下回ったという。


う〜ん・・・
入場人員が減るのは、PAT会員などネットで購入するファンが多いので仕方ないと思いますが、売り上げまで減ってしまうのは、深刻ですね。
もともとギャンブルは「不況に強い」と言われていたのですが、最近のデフレ環境下ではそれも当てはまらないようですね。

このままでは年間の売り上げも2兆そこそことなりそうで、確か数年前は4兆円ぐらいはあったと思うのですが、半分程度まで落ち込むことになります。

厳しい時代ですから、右肩上がりというのは難しいでしょうが、何とか競馬人気の復活を期待したいものです。

それにはやはり、古くはハイセイコー、シンボリルドルフ、オグリキャップ、テイエムオペラオー、ディープインパクトンなどスターホースの登場は不可欠でしょう。

最近ではウオッカやブエナビスタ、レッドディザイアなど牝馬のスターホースが人気を集めていますが、男のボクとしては、やはり「強いオス♂」の登場に期待をしてしまいます。

願わくば、今年デビューするディープ産駒から、ディープ2世となるような馬が出てくると嬉しいのですが・・・
posted by Shun at 10:17| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

JRA途中経過

2010年がスタートして明日で、ちょうど3カ月が経過します。

ということで、現時点の騎手と調教師の成績を調べてみました。

続きを読む
posted by Shun at 22:13| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

ドバイ

昨夜行われたドバイワールドカップでは、レッドディザイアは直線伸びず、11着と大敗。しかし、ドバイシーマクラシックで、ブエナビスタが直線で馬群を猛然と割って追い込み、僅差の2着と好走した。

このほか、ローレルゲレイロとグロリアスノアも4着と好走した。

それにしても惜しかったのがブエナビスタ。直線で馬の間に挟まれ、抜け出るまでに苦労したからだ。ペリエの騎乗を責めるつもりはないが、もう少しスムーズだったらと悔やまれる。

一方、レッドディザアは、4コーナーではもう手ごたえがなかった。オールウェザーコースが合わなかったか、調子が落ちていたかのどちらかだろう。疲れを癒して日本でまた直線一気の差し脚を披露してほしいと思う。



posted by Shun at 07:45| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

レッドディザイア好勝負

27日(土)の深夜(日本時間)にドバイワールドカップに出走するJRA代表のレッドディザイアの枠順が3番に決まった。
好位を進むことのできる内枠というのは悪くない。

レッドディザイアの直前の気配は
人気ブログランキングへ
続きを読む
posted by Shun at 10:57| Comment(0) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

皐月賞候補生登場

今日の阪神の若葉ステークスといえば、昨年、愛馬トライアンフマーチが未勝利から見事に2着に入り、皐月賞出走権利をゲットしたレース。

今年も、このレースから皐月賞の候補生が登場した。

その名もペルーサ。父ゼンノロブロイの産駒で、関東の藤沢厩舎所属。圧倒的1番人気のヒムノダムールを直線競り落とし、楽勝した。タイムは1分59秒9と2分を切る素晴らしいタイム。

逃げ先行馬が他馬を離すという乱ペースを無理なく追走し、4コーナーでは強引にまくっていった。アンカツのやや乱暴なレース振りは気になったが、ゴール前は楽に2着馬を競り落としたように見えた。

これで3戦全勝。一躍皐月賞の有力候補に躍り出た。

明日は、大本命のローズキングダムが出走する。恐らく楽勝するだろうが、これで、ローズ、ヴィクトワールピサ、ペルーサの3強を巡る争いとなるだろう。

(*ペルーサは皐月賞に向かわず、青葉賞からダービーに行くことになりました)
posted by Shun at 17:34| Comment(4) | 競馬の話題あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。