2011年11月26日

ジャパンカップ予想

現在、世界最強牝馬とも言えるデインドリームの参戦で大きく盛り上がる今年のジャパンカップ。

対する日本最強牝馬ブエナビスタがどう立ち向かうか? また日本の古馬勢もG1馬が多数出走しており、究極のスピード勝負になりそうだ。

1番人気のデインドリームの取捨が大きなポイントだが、死角があるとすれば日本の高速馬場だけだろう。なんといっても同じ2400mの距離で圧勝に次ぐ圧勝で欧州のG1を制覇しているのだ。力は1枚も2枚も抜けているだろう。牝馬だけに、力を出し切れないことも考えておきたい。穴党としては、この馬から買うわけにはいかない。

ではどの馬がいいか? 内から見ると、ジャガーメイルは、天皇賞馬だが、近走の成績が悪すぎる。10ヶ月の休みを経て能力が減退した恐れもあり、積極的には買いづらい。

ブエナビスタは、調子さえ落ちていなければ勝てるだけの能力がもちろんある。だが、もう5歳牝馬。そろそろ陰りが見えてもおかしくはない。調子はよさそうだが、全盛期の力を望むのは酷か。ここで惨敗でもするようなら、来春の繁殖生活に向けて引退も悪くはないだろう。

好きなタイプのローズキングダムは、やはり天皇賞ではハイペースに崩された。今回はスローペースになるとは思えず、この馬の瞬発力を生かす流れにはならないのではないか? 連覇はさすがに難しいだろう。

オウケンブルースリは、復調気配だ。休み明け3戦目。調教もいい。持ち時計はNO.1だ。要注意。

トレイルブレイザーは、明らかに格下だ。絶不調の武が乗るだけに買えない。

トゥザグローリーは、前走で復調気配が見えた。何といっても春の天皇賞で1番人気だ。勝たれたとしても驚かない。キャロットだし、少し注目している。

ペルーサはもう2年も勝ち星から遠ざかっている。いつも善戦どまりだ。今回もG12着が多い横山だけに、来ても2着までか? いやしかし調教ではすごい動きを見せた。はまれば突き抜けるシーンも。

ヴィクトワールピサは、さすがに8ヶ月ぶりでは切の一手だろう。

サラリンクスは、スミヨンだけに1票を投じる。

キングトップガンは無理だろう。

ミッションアプルーヴドは、逃げ馬のようだが、多頭数競馬の経験が少なそうだ。難しいだろう。

ウインバリアシオンは、JCと相性が良い菊花賞組みだけに侮れない。だが、このメンバーで後方一機で差し切るのは難しそう。3着までか。

デインドリームは前述の通り、対抗もしくは単穴評価。

シャレータは、凱旋門賞2着。戦跡からは来てもおかしくない。好位付けを宣言しているし、面白い存在だ。

エイシンフラッシュは、絶好調のようだ。池添の勢いに乗る手も? だが、2着が精一杯だろう。

トーセンジョーダンは、前走で本当の実力を見せてくれた。有力候補の1頭だが、連勝はないだろう。



非常に難解なレースだが、本命はペルーサだ。6ヶ月ぶりの休み明けの天皇賞で3着と好走。さらに調子を上げている。今回は思い切って先行してもらいたい。3歳時はそういう競馬をしていた。出遅れ癖も解消されており、横山には思い切った騎乗を期待している。

相手は絞って、トゥザグローリーとデインドリームとトーセンジョーダン。大穴でオウケンブルースリ。

馬連の4−7 6−7 7−13 7−16に、パドックでよく見えた馬を付け加える。

ではGOOD LUCK!
posted by Shun at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

ヴィクトワール!

ドバイワールドCで、角居厩舎のヴィクトワールピサが1着、トランセンドが2着と嘘のような劇的な結果となりました。

ヴィクトワールはともかく、ダート馬のトランセンドまでもが2着に来るとは予想だにしません。芝でもダートでもないオールウエザーコースはダート馬に有利なのでしょうかねえ〜?

にしても、昨年のナカヤマフェスタと言い、ヴィクトワールといい、サンデーの孫が快挙を成し遂げています。ステイゴールドとネオユニヴァースですか? サンデー系種牡馬の中では、いまいち地味めの馬の活躍には驚きます。国内ではアグネスタキオンとかフジキセキとかゼンノロブロイとかスペシャルウィークの方が、活躍しているイメージありますよね?

スパッと切れる脚よりも、持続力ある力馬タイプの馬の方が、海外、特に欧州では成功するのでしょうか。

トランセンドの父、ワイルドラッシュに至っては、日本では活躍馬はほとんどおらず、芝ではほとんど実績ないのではないでしょうか?

海外の騎手が日本に来て暴れていますが、ぜひ日本の騎手で日本の馬が海外で暴れて欲しいものです。


ところで、高松宮記念ですが、ばっさり切り捨てたリスポリのキンシャサノキセキが勝ち、本命のワンカラットがビリと、予想はサイアクでした。

どうも昨日の大勝負で負けてから調子が急下降しているようです。

しばらくブログの更新も馬券も控えようと思います。(たまには更新し、たまには馬券買いますが・・・)

中山競馬場もお休みなことですしね・・・
posted by Shun at 21:59| Comment(1) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

弟に負けるな!

高松宮記念が阪神競馬場で行われます。

どうも阪神の1200mのG1というのはピンときませんが、ここは、ワンカラットの一発に期待しましょう。

私が競馬をはじめて20年以上。ほぼ毎週のように馬券を買っていますが、恐らく年間プラスになったのはその3分の1はあるでしょう。正確な数字を取ったことはあまりないのですが、PATのデータを確認するようになったここ2年はプラスでした。昨年は200%以上の回収率でした。

その私が最も大切にしている格言に「2回人気を裏切った馬は買い」というものがあります。確かこれは夕刊フジかゲンダイの「天川光仁?(あまかわこうじん)」という方の本を読んで、実践しているものです。

大きくマイナスにならないのも、この格言のお陰なのです。

バカの一つ覚えみたいにこの格言を当てはめて、明日は、ここ2回とも2番人気裏切っているワンカラットを狙います!

弟に先にG1奪取を決められた藤岡祐介の初G1制覇の場面が見られるでしょう。弟のジョーカプチーノが1人気なのは、兄としても負けられないでしょう。

大外ですが、内をすくって差しきりと予想します。
posted by Shun at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

有馬記念レース回顧&観戦記

有馬記念は馬連1番人気で決まるとは、波瀾万丈の年の幕切れとしては実に平凡な結果で終わった。

自分としてはヴィクトワールピサの長距離適性に疑問を感じ、全くと言って良いほどノーマークだったが、終わってみれば、中山だからこそのまくりで、距離も持ったということか?

デムーロが道中スパートしたことがうまくはまったということだろう。ステイヤーズSでは2度もスパートをかけてしまい、フォゲッタブルを持たせることができなかったが・・・。その時の経験が生きたのかもしれない。

ブエナビスタの末脚には毎回驚かされる。それにしても牝馬でこれほど好調が続くのも珍しい。何と言っても4着以下に落ちたことがないのだ。スミヨンのやや慎重なレース運びで鼻差だけ届かなかった。昨年のようなレースをしていれば楽勝だったのに・・・

来年に大いに期待を抱かせたのは、ブービーの14番人気ながら3着に激走したキャロットクラブのトゥザグローリーだ。
キャロット市場最高の高馬1億2000万円(一口30万円)だけに期待だけは非常に大きかったが、期待に違わない走りだった。好位から安定した走りを見せたが、来年はこの馬が古馬戦線の主役になる可能性さえある。

今年最後のJRA競馬の日、ある馬主の紹介で中山競馬場の特別来賓室で幸運にも観戦することができた。オウケンブルースリの関係者や勝ったヴィクトワールピサの馬主関係者もおり、大いに最後の競馬を堪能できた。

恥ずかしいことに11レース買って全敗だったが、そんなに勝負はしなかったので、負けは最小限にとどめられた。あと数日で今年の収支が確定するが、回収率は190%を超えそうだ。プラス30万以上は計上していると思う(証明書は後日掲載します!)。大穴を当てられたのが何と言ってもラッキーだった。



RIMG0871.JPG




RIMG0873.JPG

地上5Fにある特別来賓室の様子。食事やお酒も自由にできます。ゆったりとした空間で馬券検討もじっくりできます。



RIMG0872.JPG

広々とした廊下。テレビで見る有名人にも何人か出会いました!



RIMG0881.JPG

有馬記念のパドック。僕にはトーセンジョーダンがよく見えましたが・・・




RIMG0886.JPG

そのトーセンが鼻を切った有馬記念のレースを観戦。12万人の観衆がひしめき合い、階上から見るとスキマさえありません。
posted by Shun at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

有馬記念予想

いよいよ今年のラスト! 有馬記念をびしっと当てて、年間大幅プラス(もう確定!)に花を添えたい。

今年はブエナビスタの取捨が大きなポイントになる。前走は降着になったとはいえ、レースは圧勝だった。つまり古馬最高峰の天皇賞、JCで圧倒的な力を見せ付けたことになる。たたき3戦目で調教も超抜群に見えた。枠も内過ぎず外過ぎずちょうどいいところ。スミヨンの話を聞いていると、前走は「アンラッキー」とほとんど反省していないようだが、むしろこの前向き(強気?)な性格がレースでは良い方向に行くのかもしれない。

しかし、個人的にも大波乱の2010年のラストG1でブエナビスタを本命にするほど、単純ではない。かといって切るほどバカではない。

本当は今年1年大変お世話になったし、現役最強馬と個人的には考えているローズキングダムを狙おうと思っていた。だだ、疝痛でスクラッチになってしまった。ディープインパクト産駒で初重賞制覇した武豊がいないのは実に寂しい限りだ。

気になる馬が3頭いる。

内からフォゲッタブル、エイシンフラッシュ、レッドディザイアだ。

フォゲッタブルは、昨年の有馬記念の4着馬で、春の天皇賞1番人気、菊花賞2着にもかかわらず人気がなさ過ぎる。前走のステイヤーズSでの惨敗が人気を下げているのだろうが、あれはジョッキーがあわてて2回もスパートしてしまったため。有馬記念の一叩きと見れば度外視していい。
人気がない岩田ほど怖いものは世の中にはない(笑)

そして、エイシンフラッシュは調教の動きがとても良く見えた。馬体がはちきれんばかりで、ダービーでの32.7秒の末脚が今回爆発しても不思議ではない。キングズベストという種牡馬のまだまだ可能性がありそうだ。

レッドディザイアは完全に人気の盲点。何といってもブエナビスタと同世代の牝馬でライバル一番手と言われた馬。海外遠征帰りで調子落ちが懸念されているが、もともと仕上がり早い牝馬であり、調子よりも気持ちで走る馬だ。ブエナビスタとのワンツー(麻木―大桃馬券)もあるかも?女は強い(怖い?)


勝負馬券はフォゲッタブルの複勝。

1点買いなら、フォゲッタブル―ブエナビスタのワイド。
流すなら、フォゲッタブルからブエナ、エイシン、レッドへの馬連、ワイド
押さえでブエナからエイシン、レッドへの馬連。

明日は、中山競馬場の特別来賓室で観戦します! 

では皆さんgoodluck!
posted by Shun at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

朝日杯レース回顧とちょっとだけ有馬

◎リベスタス▲リアルインパクトは惜しくも3,2着となった。

4コーナーで他馬を妨害したグランプリポスが失格になれば・・・と不謹慎なことを考えたが、
さすがにJRAも1シーズンにG1の1着馬、それも2回も外人騎手を失格にはせまい。
普通のレースであれば間違いなく降着になるラフプレーだが、ここでもし失格にすれば、外人騎手はもう日本には来なくなるだろう。公平を謳うなら迷わず失格だろうが、人が判断する以上、思惑が介在するのは仕方がない。にしても外人JKのラフな騎乗は何とかならないのだろうか?
JCで降着になったスミヨンも過怠金1万円を科せられている。こりていないのだ。

グランプリボス自身も直線で前がふさがり、それから外に出して差しきったのだから実力は本物だ。というよりも私は他の馬がそんなに強くなかったと見る。昨年のローズキングダムほどの馬はいなかったようだ。

2着に入線したキャロットクラブのリアルインパクトが今のところ「ディープ産駒NO.1」などと騒がれているが、何を言わんか。まだまだ来年に入って有力馬が登場すると確信している。
レース振りを見ても、リベルタスもそうだが、ダービー向きではないように思う。
グランプリボスもマイル路線を行くと言うし・・・

惜しかったのはハーツクライ産駒のリフトザウィングス。4コーナーの不利がなければもう少し上位に来られたはずである。


さて、いよいよ今週末は有馬記念だ。今回も圧倒的1番人気のブエナビスタとの戦いになる。
メンバーを見ると逃げ馬がいない?
デムーロのヴィクトワールピサが逃げれば面白い・・・
posted by Shun at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

朝日杯FS予想

今日の中山最終レースでわがシーズンズベストが登場したが、惜しくもクビクビの3着であった。
15番枠という外枠が響いたと蝦名JKはコメントをしている。やはりどんなに能力があっても中山1600mの外枠は割り引かなくてはならない。

圧倒的な力の差があればもまれない外枠がむしろ奏功するケースもあるだろう。しかし、今回のメンバーを見ても昨年のローズキングダム級は見あたらない。

であれば基本的に内枠の馬を有利と見て狙うのが常道だ。

私は1枠2番のリベルタスに注目している。これまでの3戦は実にレース振りが安定しており、堅実な走りをするという印象だ。何と言っても好枠を利して先行から抜け出してこれそうなのもいい。
調教ではあのヴィクトワールピサに先着した。

相手は逃げればしぶとい1番枠のオースミイージー。前走時は飛節が腫れた影響が大きかった。

3枠5番のリアルインパクトは、キャロットクラブの素質馬。前走は不利があっての2着だった。
騎手のベリーが微妙だが、破壊力はNO.1か?

絞って、枠の1−1、1−3で勝負する。

posted by Shun at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

阪神JFレース回顧

阪神ジュベナイルFは、レーヴディソールが全く危なげのないレース振りで楽勝をおさめた。
ただタイムは平凡。1000m通過が1分1秒2という未勝利戦でもないような超スローペース。
ただ上がり3ハロン33.9秒とただ一頭の33秒台の末脚で差しきったレーヴの実力は疑いようがないし、現時点では牡馬・牝馬含めて2歳NO.1の逸材だろう。

ただ現時点でブエナビスタ級だとかウオッカクラスというのは早すぎるだろう。
むしろこの時点でそういう声が出るところに危うさを感じる。
距離伸びてどうか? タキオン産駒特有の足元の不安はないのか? などいくつかの課題が想像できる。どうもタキオン産駒は、ダービーを前に戦線離脱したお父さんのイメージがつきまとう。
年を越して改めて評価したい。


大いに期待したダンスファンタジアはトップから0.8秒の9着と負けた。出遅れたうえに引っかかっていたのが敗因だろうが、その遠因となるのがパドックでの落ち着きのなさだ。初の関西遠征で馬が力んでいたようにも見えた。まともならあれほど負ける馬ではないはずだ。
ただ戦前から唯一不安に思っていたというか、かすかに気になっていたのが父がファルブラヴという点だ。父はJCを勝った名馬なのだが、確かまだこれといって強調できる産駒を出していないはずだ。
非サンデー系の血としては貴重だろうが、今日の負け方を見てちょっとひっかかった。もしかしたら、距離伸びて良いタイプではないかもしれない。

ただ武も言っているし、見ていても、馬体や走りは一級品の気がするので、まだ見限るつもりはない。馬体重も3戦連続で456キロと、変動の激しい2歳牝馬では安定していて大した物だ。

2着のホエールキャプチャも3着のライステラスもこれと言って来年に向けて強調できない。

しかし、レーヴディソールの単勝が1.6倍とは皆さん見る目がありますな〜。

posted by Shun at 18:49| Comment(3) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1点勝負なら・・・

阪神ジュベナイルF。
現時点で、もし1点で買うのなら、3連複11−14−17をオススメします。


1800m以上の経験があるマリアビスティーがやはり気になります。

ではgood luck!


posted by Shun at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

阪神JFの予想

阪神JFは、昨年アパパネ◎、アニメイトバイオOの本命―対抗で的中した相性のよいレースだ。

馬場改修後4年間の勝ち馬を見ると、ウオッカ、トールポピー、ブエナビスタ、アパパネとそうそうたる顔ぶれだ。4頭合わせたら一体G1を何勝しているのだろうか?

馬場を改修したことは大正解だった。実力馬が不利なく能力を発揮できるコースとなり、2歳NO.1というだけでなく、牝馬NO.1、いや牡馬を合わせてもNO.1の馬まで輩出しているのだから。(ウオッカやブエナビスタのように・・・)

今年のメンバーを見ると、牝馬の枠を超えて強そうな馬が2頭いる。そうレーヴディソールとダンスファンタジアだ。

レーヴは、牡馬相手のデイリー杯2歳Sを楽勝しているだから、現時点で2歳NO.1と言っても過言ではない。ゴムまりのように弾力に飛んだ走りっぷりは、惚れ惚れする。唯一の死角は出遅れ癖だろう。

一方、ダンスファンタジアは、レース振りが素晴らしい。2戦とも楽勝。赤松賞は昨年のアパパネも楽勝したレースだ。
調教でも古馬オープンのマチカネニホンバレをあおる勢いで、坂路を真一文字に駆け上がってくる走りは凄みを感じさせる。父のファルブラヴが少し気になるが、もしかしたら、母を超える活躍をするかもしれない。単勝を買うならこちらの方だろう。


現時点での能力、将来性から考えると2頭が秀でているが、2頭の馬連で3倍を切るオッズでは妙味がない。しかし、割って入る馬はいるのだろうか? 

2頭で決まる確率は8割はあると見るが、馬券的には人気2頭軸の3連複を狙いたい。

しかし第3の馬はなかなか難しい。人気2頭とは能力的にずいぶん差があるように思えるからだ。実績的にはアヴェンチュラだろうが、2ヵ月半の休み明けはやや振り出し、3人気では馬券的妙味は全くない。

気になるのはハーツクライ産駒のマリアビスティーとディープ産駒のリトルダーリン。


今のところ、この2頭を第3の馬に挙げておきたい。最終結論はいつものようにパドックで出す!

ただ最も買いたいのはダンスファンタジアの単勝である。

posted by Shun at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。