2012年08月04日

フォルトファーレンの走り。キャロットクラブの公式HPより。

4日の小倉競馬では五分のスタートから押して中団をキープ。道中は押っ付けつつの追走だったが、3コーナー過ぎからは内ラチ沿いをスムーズに上がって行き、直線もしっかりと伸びて優勝。「スタートして流れに乗るまで時間がかかったのですが、向こう正面からはスムーズに運べました。今日はコースロスなく進められたことも結果につながりましたが、4コーナーで内外から来られても辛抱していたし、以前より落ち着きがあったことが大きいですね。放牧明けでフレッシュな状態だったのもプラスに出たのでしょう。もう少し楽に流れに乗れるようになれば上のクラスでもやれると思います。今日はありがとうございました」(北村友騎手)「帰厩当初はモサモサとした動きでしたが、追うごとに良くなっていましたからね。それにしても休み明けでいきなり勝ち上がれるかとなると半信半疑でしたから、実戦タイプの馬なんでしょう。ジョッキーも内々を突いてうまく乗ってくれたし、大きなクビ差でした。休み明けを一度叩いたあとだからこのまま使っていきたいと思っていますが、夏場に強そうな感じもしないので、今後については帰厩後の状態をよく見てから考えます」(音無師)ダートに転向してからは安定したレースぶりを見せていましたが、今回は放牧明けとあって不安もありました。やはり久々の分か道中は追走に手間取りましたが、流れに乗ってからは実にスムーズな競馬。内を突いたジョッキーの好判断もあって、見事初勝利を飾ってくれました。球節の不安による休養でしたし、順調さを欠いて苦しい時期もあっただけに喜びもひとしおです。これまで使いつつ力をつけてきたタイプだけに、今後のさらなる成長に期待したいところです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
posted by Shun at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 一口馬主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284825473

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。