2011年03月27日

ヴィクトワール!

ドバイワールドCで、角居厩舎のヴィクトワールピサが1着、トランセンドが2着と嘘のような劇的な結果となりました。

ヴィクトワールはともかく、ダート馬のトランセンドまでもが2着に来るとは予想だにしません。芝でもダートでもないオールウエザーコースはダート馬に有利なのでしょうかねえ〜?

にしても、昨年のナカヤマフェスタと言い、ヴィクトワールといい、サンデーの孫が快挙を成し遂げています。ステイゴールドとネオユニヴァースですか? サンデー系種牡馬の中では、いまいち地味めの馬の活躍には驚きます。国内ではアグネスタキオンとかフジキセキとかゼンノロブロイとかスペシャルウィークの方が、活躍しているイメージありますよね?

スパッと切れる脚よりも、持続力ある力馬タイプの馬の方が、海外、特に欧州では成功するのでしょうか。

トランセンドの父、ワイルドラッシュに至っては、日本では活躍馬はほとんどおらず、芝ではほとんど実績ないのではないでしょうか?

海外の騎手が日本に来て暴れていますが、ぜひ日本の騎手で日本の馬が海外で暴れて欲しいものです。


ところで、高松宮記念ですが、ばっさり切り捨てたリスポリのキンシャサノキセキが勝ち、本命のワンカラットがビリと、予想はサイアクでした。

どうも昨日の大勝負で負けてから調子が急下降しているようです。

しばらくブログの更新も馬券も控えようと思います。(たまには更新し、たまには馬券買いますが・・・)

中山競馬場もお休みなことですしね・・・
posted by Shun at 21:59| Comment(1) | TrackBack(0) | G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴィクトワールは最後方から外側を通って順位あげていっての押し切り勝ちですよね、あれは信じられない。普通はコース取りを上手くしないと勝てないのが海外のレースだと思っていましたが。ロングスパートの持続力は有馬の時も見せていましたけど。。。
まあとにかく日本競馬にはおめでたい一日となりましたね。
いつかは凱旋門賞やケンタッキーダービーなんかで勝つ日本馬も見てみたいです。
Posted by nob at 2011年03月27日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。